偏差値の高い名門校に通うあの子。登下校のたび、カメラ越しにずっと陰から見守ってきた。
可愛いお顔、すらっとしたスタイル、何よりも眩しいミニスカートから覗く脚線美。

毎日、僕は彼女を追いかけてきた。彼女は天使だった。それなのに。
ずっと一緒だと思っていたのに、彼女に男の影がチラつき始めた。

許せない。彼女が汚されてしまう前に、決行することにした。

この時間は両親とも仕事で家にいないのはわかっている。帰宅時を狙い、クスリで気絶させて押し入った。
拘束したカラダを撫で回し、胸を揉みしだく。クスリの影響で、嫌がっているのにパンツにはシミが広がっていく。
たまらず口に、そしておまんこにチンポを突き立て、泡立つほど激しくピストンして膣内に精子をぶちまける。

あぁ、逃げちゃダメだよ。もう君は僕のモノ。さぁ、いい子だからおクスリ足そうね。

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
おすすめ関連女子作品
WEB SERVICE BY FANZA