【もなみ】僕の所属する漫研の後輩。マンガやアニメの趣味が近く、仲良くしている。性格もズボラだし、服装も何だか野暮ったくてダサいし、女らしさをまるで感じない。だからこそ、男友達みたいな気安さで接していたのだが…。

「先輩、本ッッッ当に申し訳ないッス!!」
僕たちの住む地方から遠征し、意気込んでコミケに参戦したその夜、まさかの事態が発生。
一緒に参戦した後輩・もなみの手違いで、ホテルが一部屋しか確保できてなかった!
いや、まぁいくら女子とはいえ、こいつとそんなヘンなコトになったりは流石にしないハズ。そう思っていたら、先に風呂に行ってたもなみが帰ってくる――

えっ!!??コイツ、こんなにおっぱい大きかったの!!??
普段ダボダボの服ばっか着てるから全然わからなかった。何だこの破壊兵器は!!
お風呂あがりだからなんだかいい匂いするし、オマケに濡れ髪の感じがめっちゃ艶っぽく見えるし…
まさか、もなみって滅茶苦茶カワイイのでは!?

気付いてしまったらもうガマンできず、バスタオル一枚のもなみをベッドに押し倒し、デカすぎるおっぱいを揉みまわす。
「ちょっ、先輩!何してるんスか!!」
抗議の声にさえもはや興奮し、欲望のままもなみのおまんこにチンポを突き立て、何度も何度も腰を振る。ピストンのたびに爆乳がぷるんぷるん揺れるのがたまらない。興奮の絶頂、膣奥にたっぷりザーメンを発射する。

賢者タイムと共に我に返る。ヤバい、さすがにこれはマズい。こんなのほぼレ×プじゃないか。
やってしまったことに慌てふためいていると、もなみからまさかの言葉。

「先輩、強引すぎです…でも、ちょっと気持ち良かったっていうか、Hに興味はあったって言うか…」
「先輩がその気なら、続きしてもいいっスよ…?」

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
おすすめ関連女子作品
WEB SERVICE BY FANZA