生徒と教師…
決してあやまちを犯してはならない関係…

望月は真面目で勉強熱心で
同級生と比べるとどこか大人びている生徒だった。

ある日の放課後、
夕日が差し込む教室で一人勉強している望月がいた。
分からない所があるというので教えてあげたのだが…
前屈みになるとセーラー服の隙間から見える胸元を意識してしまった。

「好きです」
「えっ…」
「好きです、先生の教え方」
「な、からかうなよ」
「でも…先生のことも好き。明日も待ってます」

あくまで勉強を教えるためであって、
下心なんてない…あってはならない…
必死に自分に言い聞かせながらも浮ついたまま
翌日も放課後の教室へ向かっていた。

いつもと変わらない望月だ。
昨日の言葉を鵜呑みにした意識していたのは俺だけだ。
俺はダメな教師だな…

教科書から顔をあげると
おもむろにセーラー服を脱ぎはじめて
童顔とは不釣り合いなたわわな胸の膨らみを見せつけてきた。

ここは教室…
俺は教師…
望月は生徒…

必死に理性を保とうとしても
うら若き女生徒のピチピチの体の前では
太刀打ちできるはずもなく…

貪りつくように望月のおっぱいにしゃぶりついてしまった
最低な俺は教師失格です。
おすすめ関連女子作品
WEB SERVICE BY FANZA